mv

社会貢献

RESPONSIBILITY東洋精鋼の社会貢献

SDGs(持続可能な開発目標)への取り組み

SDGsとは、『Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)』の略になります。
新興国だけではなく先進国などあらゆる国と地域が、2030年までにより良い将来を実現するため貧困や不平等・不正義をなくし、深刻化する環境問題など17の目標と169のターゲットに全世界が目指す目標です。この国際目標(ゴール)は2015年9月国連サミットにて全会一致で採択されました。

img1

東洋精鋼の取り組み

東洋精鋼は常に独創性・先進性を追求し部品の高強度化技術を提供する事業活動を通じて、国連の揚げる持続可能な開発目標(SDGs)の達成に貢献していきます。

img2
GOAL9
産業と技術革新の基盤をつくろう

・既存橋へのピーニング加工の普及(循環式エコクリーン・ハイブリッド工法)により強靱なインフラ構築に貢献

img3
GOAL12
つくる責任 つかう責任

・高靱性ショットによる産業廃棄物削減に貢献
・陽電子検査装置(PSA)による製品処分減に貢献

ENVIRONMENTAL東洋精鋼の環境方針

当社は、高寿命・高品質そして環境に優しいショット粒などを製造する 工場として社会に貢献するとともに、全ての事業活動の中で環境に与える 主要な影響を継続的に改善することによって、緑豊かな地球環境に融和し、 住民・顧客・従業員・その他の利害関係者から信頼される事業者であり続ける。

そのためにGuide Line

  • 環境への影響を調査および評価し、主要な要因を効果的に低減または削減するため、 技術的・経済的に可能な範囲で達成すべき環境目的および環境目標を定める。

  • そのためにプログラムを立案し、実施し、成果を評価して見直し、 さらには次なる改善目的および目標につなげるための環境マネジメント システムを構築する。この中には適切な汚染の予防活動(定常時およ び非定常時)も含める。

  • 環境に関する法規法令、規制、条例、協定、その他の合意事項を遵守する。 (騒音については引続き低減に努める)

  • 従業員に必要な教育訓練、方針の周知徹底などを行い、環境保全意識 が高く、なすべき行動がとれる人材に育成する。

  • 工場内の緑化維持運動および4S促進を通じた美化運動を推進する。

  • 次の項目については、積極的に推進する。
    (1)歩留の向上(CW部門)
    (2)生産性向上(表面処理部門)
    (3)環境に優しいショット粒の拡販
    超音波・PPP装置の拡販(環境への間接影響)

  • この環境方針は一般の人が入手可能である。

2019年4月1日
東洋精鋼株式会社 代表取締役社長
渡邊吉弘

お問い合わせCONTACT